HOME > NEWS & TOPICS

NEWS&TOPICS

リボンクラフト認定講師・養成講座 5回目
2018.08.20

リボンクラフト認定講師・養成講座 5回目

リボンがもたらすわくわく感をクラフトにしてお届けしている「リボンクラフト協会」

 

5回目のテーマは”リボンを織りたたむ”、花芯が見えなくなるほど何層にも重なる花びらが特徴のオールドローズのコフレを作りました。早くも次回9月で前期終了です。おかげさまで、来期募集についてのお問い合わせを多数いただいております。詳細につきましては、リボンクラフト協会のホームページにてお知らせさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

☛リボンクラフト協会

シンプルでモダン、そして不変
2018.08.19

シンプルでモダン、そして不変

いつの時代も古くならず、究極にシンプル、そして変わらないデザイン。多くのデザイナーさんの憧れだそうです。手芸には世界各地の原住民から発祥した刺繍、縫い物、織り物等々受け継がれてきた技術があります。手芸の技術を用いて、この先何十年経っても不変でモダンなデザイン、誰もが作ることのできるシンプルなデザインの作品が生まれてほしいですね。

プラスチックバックまで北欧
2018.08.18

プラスチックバックまで北欧

デンマークの家具、リビング用品の老舗「Illums Bolighus」(イルムス)は袋まで北欧テイスト。コペンハーゲン空港内の店舗で購入されたお土産がこちらの袋に入っていました。旅行者にとっては嬉しい備品です。デンマーク王室御用達の印も入っていますね。表と裏では違う柄、これまたGoo!

IMG_9031.jpg 

GUCCIの壁紙はボタニカル柄
2018.08.17

GUCCIの壁紙はボタニカル柄

GUCCI青山店は改装しながらの通常営業しています、を知らせる路面の壁はアザミと鳥のボタニカル柄で覆われています。インテリアコレクションより今シーズンの壁紙のようです。テキスタイルにもインテリアにも通用するモチーフ、きれいです。

gucci_nowopen.jpg

靴下を編む時の定番・Judy式
2018.08.16

靴下を編む時の定番・Judy式

ニット作家・大内いづみさんの著書『つま先から編む かんたん、かわいいくつ下』(新星出版社)は、つま先から編むジュディ式(Judy's Magic Cast-on(Judy式))を日本ではじめて詳しく紹介した1冊です。履き口から編むよりも簡単で履き心地の良い靴下に仕上がると、出版から4年いまでは靴下を編む時の教則本として定着しています。秋冬に向けて編んでいる方のお声が届いています。

プロ仕様のグル―ガン
2018.08.15

プロ仕様のグル―ガン

 ノズルが長く細かい部分もはみ出しにくく、高温のためピタっとつきやすいグルーガンです。お花関連の作家さん方は使われていたそうですが、手工芸にももちろん使わない手はありません! よりきれいに仕上がります。作家さんご用達オンラインストア【ROSE ROSA】さんでお取り扱いされています。

glue gun.jpg

☛ROSE ROSA

フランスから届いた3Dシーリングスタンプ
2018.08.14

フランスから届いた3Dシーリングスタンプ

カリグラフィー作家・澤田未恵さんの私物、エッフェル塔が立体的に浮き出るシーリングスタンプです。ご友人のショップオーナーがフランスで買い付けていらした日本初入荷商品とのことで、さっそくお客様用のタグに施して下さいました。ささやかなお心遣いに気分があがるものですよね♪

sealingstamp.jpg

ヨーロッパらしいアップリケ
2018.08.13

ヨーロッパらしいアップリケ

リボン・ボタン・手芸材料の作家さんご用達オンラインストア【ROSE ROSA】さんにヨーロッパらしいアップリケが入荷されました。この感じ、なかなか個性的! 存在感ありあり、子どものこぶしくらいのサイズ感、ヴィヴィッドカラーのセーターにマッチしそうです。

☛ROSE ROSA

夏の風情
2018.08.12

夏の風情

夏パッケージや夏モチーフのお菓子、特に和菓子を目にすることが多くなりました。なんとも日本の美意識、風情を感じます。こちらは湯島の花柳界に愛されている「ゆしま花月」のかりんとう、金魚柄です。

美しい日本の伝統工芸・真田紐 その3
2018.08.11

美しい日本の伝統工芸・真田紐 その3

講師の高木たまきさんの私物、パソコン持ち運び用の袋を閉じるように真田紐がしつらえてあります。真田紐の講座は8月で一旦終了し、2018年10月から「美しい日本の伝統工芸・組紐」が定期講座として開講いたします。組紐は映画『君の名は』に登場したことでブームとなりましたが、ブームにとどまらず日常に伝統工芸を取り入れていただけますと嬉しいです。お申込み受付は9月上旬より。

☛日本橋三越カルチャーサロン

美しい日本の伝統工芸・真田紐 その2
2018.08.10

美しい日本の伝統工芸・真田紐 その2

こちらは綿糸で織られています。着物で例えるなら絹糸が留袖だとしたら、綿糸は小紋のような違いがあります。また、綿糸の真田紐はバンド織をはじめ北欧の手工芸にも通じるテイストです。

美しい日本の伝統工芸・真田紐 その1
2018.08.10

美しい日本の伝統工芸・真田紐 その1

4月から始まりました6回完結講座、日本橋三越限定「美しい日本の伝統工芸・組紐と真田紐」は、組紐4回は終わり、今月来月は真田紐の回になります。ご贈答用霧箱の結び紐にも使われることが多くなった真田紐ですが、丈夫で実用的、かつ色合わせの美しさに魅了されます。こちらは講師の高木たまきさんのコレクションより、絹糸を筒状に織られた”袋織”ご自身作や職人さん作の逸品などなど、ほれぼれする美しさです。

イタリア・ボルゴのポーチ
2018.08.09

イタリア・ボルゴのポーチ

イタリア生まれのインテリア、リネンブランド・BORGO DELLE TOVAGLIE(ボルゴ デレ トヴァーリエ)の作るポーチは有りそうで無いデザイン性と機能性。麻100%に表面コーティング加工はテーブルクロス同様に汚れにくく、クールなグレイッシュトーンにフリルで柔らかさが加わり、マチ無しのファスナー。プレゼントとしても喜ばれます。

リカちゃんは妥協しない
2018.08.08

リカちゃんは妥協しない

リカちゃんの製造工場、展示施設・リカちゃんキャッスル25周年を記念し、美しいドレスのオリジナルコレクションが全国巡回しています。どのドレスも繊細な作りで驚きます! もはやプレタポルテかそれ以上オートクチュールのようなこだわりが詰まっています。

dress_costume.jpg

夏休みにぴったり! 大図まことさんのクロスステッチ
2018.08.07

夏休みにぴったり! 大図まことさんのクロスステッチ

お子様の夏休みの課題に、大図まことさんのクロスステッチが便利使いされているようです。昆虫、ロボット、動物、キャラクターと子ども達の好きなモチーフが盛りだくさん。小さいサイズ感と原色はシール感覚で刺せます。著書『小さな刺しゅうの図案集[オールカラー完全版]たのしいクロスステッチBOOK』(PHP研究所)で図案を選ぶのもマル、刺繍枠から糸までがセットになっている便利キットもあります。

* 子どもクラフト

暑中お見舞い申し上げます
2018.08.06

暑中お見舞い申し上げます

皆さま、

いつもホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

今年は特別暑い夏ですね。

どうぞご自愛下さいませ。

日本橋の道路 その2
2018.08.05

日本橋の道路 その2

日本橋-京橋-銀座を通る「中央通り」の街路灯の美しさが話題になっています。国際コンペで選ばれたシンプルでスタイリッシュな街路灯が一直線に並んでいます。発光ダイオードを組みこんだ柱自体が光るのが特徴とか、煌々と明るいです。ワーキングタイムには気が付かない夜の街並みです。

日本橋の道路 その1
2018.08.04

日本橋の道路 その1

東京五輪のマラソンに向けて、日本橋のメイン通りにも遮熱舗装がされています。そういえば脇道よりも地熱が暑くないような…鼠色で表面はエアインチョコレートのようなキメの粗さです。国家プロジェクトには色々なところで技術革新がなされますので良いですね。一方、前回の東京五輪前1963年に架設された名橋・日本橋の上を通る首都高の撤去が決まりましたね。

点と線模様製作所カレンダー
2018.08.03

点と線模様製作所カレンダー

今年も楽しませていただいています点と線 模様製作所さんのカレンダー。テキスタイル同様、北海道の風景や植物、四季折々の様子をモチーフに毎月丁寧に、ページよっては箔がふんだんに使われ描かれています。2019年版は9月上旬発売とのことです。

長嶋清美さん作・アイシングクッキーも見逃せない!
2018.08.02

長嶋清美さん作・アイシングクッキーも見逃せない!

フラワーケーキデコレーター・長嶋清美さんの作るスイーツはケーキにとどまらず、クッキーも超絶かわいいです! ピンク感、ひらひら感、お嬢様感が突き抜けています!長嶋清美さんのキャリアは作品ありき、お花のケーキに魅了され試行錯誤しながら作られてきたところに、インスタグラム登場で正にフォトジェニックな対象に、それゆえ技術も出色です。9月からは技術、デザインを学んでいただけるディプロマ講座が始まるそうです。

☛長嶋清美さんインスタグラム

伝統技法と新しい発想
2018.08.01

伝統技法と新しい発想

新進の陶芸家・高間智子さんの作品は日常に溶け込む自己顕示しすぎない逸品、と美術家の評論通り、各家庭のテーブルに馴染みそうです。色の異なる磁器土で層を作り、下の色を削り彫り出し装飾を施す「積層採磁」(せきそうさいじ)という伝統技法が用いられています。伝統的な技法と新しい発想のデザインがグッドマッチ。

作家さんのセルフプロデュース力
2018.07.31

作家さんのセルフプロデュース力

SNS先行で物、事、人が動く現在、作品・商品力に加えて見せ方・プロデュース力が同等に問われている、と消費材をお取り扱いされている企業さんが異口同音に。手芸、クラフトもその傾向にあるようです。お手本のようなカリグラフィー作家・澤田未恵さんは、技術、見せ方、活用例までトータルで教えて下さいます。そしてやはり人と人が作りだす世界には、作家さんのお人柄は必須です。こちらは澤田未恵さんのお召しになっていたワンピースの刺繍です❤

人気が高まりつつある韓国刺繍
2018.07.30

人気が高まりつつある韓国刺繍

韓国の記念切手です。美しく描かれた伝統的なモチーフ4点(韓国刺繍、伝統衣装、飾り・ノリゲ、韓紙工芸)。モチーフにも採用されている韓国刺繍は最近韓国内はもとより東アジアで人気が高まっているようです。

世界の更紗
2018.07.29

世界の更紗

江戸更紗、インド更紗、ジャワ更紗、世界には様々な更紗がありますね。リバティ ロンドンのペイズリーや植物柄はインド更紗が起源とか。”多色使いの鳥獣、植物、人物の模様を染色した生地”と定義されている更紗、産地により全く違う趣ながら、共通しているのはその可憐さとのこと。こちらはインドネシアのジャワ更紗、バティックです。

作家さんからも評判の良い「にじ画廊」
2018.07.28

作家さんからも評判の良い「にじ画廊」

 ビーズのアクセサリー作家・Crepe.さんをはじめ多くの作家さんからお聞きする吉祥寺の「にじ画廊」さん。東急百貨店の隣と分かりやすいアクセス、1階は丁寧にディスプレイされた作品販売、2階はギャラリーです。作家さんと作品への愛情と敬意が感じられる1階の品々、10数年前から同じ場所で営業されているそうです。

☛にじ画廊

メーカー主催のアワード
2018.07.27

メーカー主催のアワード

Handmade Makers' をはじめクラフト素材のメーカーさんが作り手、作家さんを直接バックアップする機会が増えました。その一環、粘土・UVレジンのパジコさんによる「第3回 PADICO Creative Award」の作品エントリーが始まります。今年のテーマは”ロマンティック”、ロマンティックな気分にさせてくれる素敵な未発表作品を募集されています。

☛特設サイト

澤田未恵さんの伊勢丹新宿店OTOMANA講座はじまりました
2018.07.26

澤田未恵さんの伊勢丹新宿店OTOMANA講座はじまりました

カリグラフィーを取り入れたスタイリングとプロデュース術が大人気の澤田未恵さんの伊勢丹新宿店OTOMANA講座がはじまりました。こちらは趣味プラスアルファの講座でご自身で描けるようになることを目的としています。1年間のカリキュラムをご受講された方には修了書を授与、澤田未恵さんのテーマ”暮らしの中のカリグラフィー”を皆さまにもご習得いただけますと嬉しいです。

Caligraphy Days インスタグラム

作家さんご用達オンラインストア
2018.07.25

作家さんご用達オンラインストア

リボン類が豊富に揃う作家さんご用達オンラインストア「ROSEROSA」さんに公式ホームページが出来ました。商品情報、作品作りのヒントや投稿などをご覧いただけます。

☛Rose Rosa

リボンクラフト認定講師・養成講座 4回目
2018.07.24

リボンクラフト認定講師・養成講座 4回目

リボンがもたらすワクワク感をクラフトにしてお届けしている「リボンクラフト協会」

 

4回目のテーマは“リボンにギャザーを寄せる”、ギャザードローズを芯なし、芯あり、2種類のリボンで1輪の花に仕立てる3種類作りました。きれいに見えるコツ、出来る限り接着剤を使用しない方法等々、オリジナルテクニックをご紹介しています。

動物保護福祉・特別チャリティ企画@銀座 靖山画廊
2018.07.23

動物保護福祉・特別チャリティ企画@銀座 靖山画廊

陶芸絵付け師・大木しのぶさんウールーシュシュ主宰・羊毛フェルト作家えのきぞえけいこさんによる特別チャリティ企画展示が銀座 靖山画廊にて7月27日(金)より開催されます。うちのこを陶器に絵付ける大木しのぶさん、羊毛フェルトで再現するえのきぞえけいこさんをはじめウールーシュシュの皆さんによる販売、展示会です。

☛ウールーシュシュ

オートクチュール刺繍家・杉浦今日子展
2018.07.22

オートクチュール刺繍家・杉浦今日子展

パリでオートクチュール刺繍制作をされている杉浦今日子さんの出版記念、展示会が神田駿河台エスパス・ビブリオにて7月26日(木)から開催されます。会期中はオートクチュール刺繍用のかぎ針(クロッシェ・ド・リュネビル)によるデモンストレーション、そしてトークショーもあるそうです。芸術と歴史の旅エッセイ『旅する刺繍家』(Amazon Kindle)では、ヨーロッパのさまざまな街を旅して出会った刺繍や街の歴史が綴られているそうです。

☛杉浦今日子